昨年10月末の掛川以来のタミグラ参戦。
タミグラin愛知。
出場クラスはツーリングGPX2023 マシンはTA08
ちなみに読み方は
「つーりんぐ じーぴーえっくす とぅうぇんてぃ とぅうぇんてぃすりー」らしい。
アナウンスが統一されてた。言いづらそうだったが。
自分は「にーまる にーさん」と読んでしまう。
DSC_4775

強風のためテント禁止
夏でなくてよかった。しかし、日焼け止め用意してなかったので、結構日焼けした。
帰りには顔が真っ赤になった。
DSC_4774

今日のピットはコース中央の目の前。
DSC_4760

【コースレイアウト】
左回り。なかなかのテクニカルなレイアウト

DSC_4769-PANO

【モータチェック】
1回目計測が低めのKV2438だったのでgforceのチェッカで計測し2485くらいを狙って調整
2回目計測でKV2495。ギリセーフだがちょっと怖いので20弱下げた。

タミヤ計測 2438
gforce計測 2549 差111 →2600(+51)
タミヤ計測 2495 差105
gforce計測 2582 →想定 2480
DSC_4764

測定の差が105〜110。
電源をLife(6.6V)にしたので、入力電圧範囲(7.2〜8.0V)でないことも影響してるのかも。
まあ換算すればいいので動けば問題なし。
DSC_4767

【練習走行】
お立ち台は右側が人気そうだったので左側にした。
立ち位置変わるのが一番影響が大きいので。

練習走行の感触は、マシンはよく曲がる。
グリップ問題なし。若干リアが軽い。
ストレートスピードは他とあまり比較出来なかったが多分問題なし。

→リアの安定狙ってリアトーインを1度→2度に変更。
DSC_4773

これは初めからだが、ナットをアルミから鉄?に変更してきた。
You Tubeでアルミよりもグリップが上がると紹介があったので。
タイヤグリップが低い場合は、バネ下重量を減らすと逆効果な場合もあるらしい。比較した訳では無いので気持ちの問題ですね。
DSC_4780

アルミセレーションナット  約0.4g/個
ノーマルセレーションナット 約1.3g/個
タイヤ1つあたり約1g重量増。
回転体なので、たかが1gでも影響はそれなりにあるのかも。順番逆だがそのうち比較してみよう。
DSC_4736
DSC_4735

【予選第1ヒート】
ゼッケン1番 前列のイン側スタート
若干出遅れ。1コーナで囲まれて接触。フラフラッとしてはじき出され、2コーナで最後尾。。。
せっかくのフロントスタートを活かせず。
DSC_4789

そこからの走りは割と調子よく、途中1回追い抜きで接触があったくらいで賢明に追い上げ5番手ゴール。
しかし上位は8周の中、7周2分4秒で全然届かず。

予選第1ヒート結果44番手/112台中
次のヒートで挽回できるか?

クラッシュの衝撃でフロントリップが割れてしまった。
DSC_4791

グラステープで応急処置。
DSC_4793

【予選第2ヒート】
車は問題ないのでセッティングは変更せず。
ドライバーが頑張るのみ!

バッテリーは手持ちの一番バッテリーで勝負!

緊張のスタート。
1コーナ、2コーナは切り抜け一時5−6番手。
中盤で前方混乱の中を抜けて〜、と思ったら接触。
当たり負けしてコース端へ押しやられ、結局1周目で後ろから2番目まで下がってしまった。。。
1ヒート目と同じく追い上げていくが、ちょこちょことミス&他車と接触。その度当たり負け。
曲がるのはいいが、フロントボールデフは当たりに弱いのか。。。当たらなければいいのだが。
DSC_4795

予選第1ヒートタイムから1秒縮めただけ。。。

予選結果:57位/112台
決勝:Eメイン2番手

Aメインは、はるか先でした。。。

決勝に向けてフロントボールデフからスプールに変更。
急に変えてお手々が追いつくか分からないが、次回のために違いを確認の意味も含めて変えてみた。
DSC_4796

【決勝】
Eメイン2番手スタート
DSC_4799

2コーナで軽く接触して3番手。
接触はあったが大きく順位を落とさなかったのは、スプールのおかげか?
その後落ち着いて付いて行き、2周目2番手のミスで2位浮上。
その後も1番手にピッタリ付いて行き、5-6周目に1位がディスクに乗ってふらついたところを抜き1位浮上。
若干手が震えてたが、無理せず周回を重ねトップゴール!!

予選はいまいちだったが、決勝は気持ちよく走れた。

DSC_4787

【抽選会】
黄色の100番
もらった時から当たりそうな予感が的中!
使えるミニのホイールGET! 久々の当たりDSC_4803

DSC_4805

【メモ1】
1レース平均4分
バッテリー放電→充電に35分〜40分→10レース分
呼び出しは2レース前のゴール後。
よって、12〜13レース前にはバッテリー準備開始がちょうどよい。


【メモ2】
走行後バッテリーの消費容量測定
※走行後バッテリーに満充電して測定

練習走行(2分)273mAh
予選1(2分) 347mAh
予選2(2分) 335mAh 
決勝 (3分) 474mAh

【メモ3】
名古屋港は
タイヤ:ファイバーモールドハード
フロントデフ:スプール
が良さそう。


=====================================
TA08のセッティングメモ
クラス:タミチャレ
ボディ+ウィング:
  マクラーレンセナ(ノーマルウェイト)
  +付属ウィング

バンパー:小型
タイヤ/インナー:ファイバーモールドハード
        モールドインナーソフト
      
ホイール:オフセット0 5本スポーク
ホイールハブ:F6mm+0mm
       R5mm+0mm

ギア比:116T/30T=7.15(04モジュール)
車重:1325g(規定:制限無し)
モータ:ブラシレス15.5T メモリ3.1 KV:2,480
アンプ:TBLE-04SR
     ニュートラルブレーキ:0%
     ブレーキ:100%
サーボ:PGS-LH(1ch接続) マウント:アルミ
サーボセーバー:17mm アルミ
ステアリングワイパー:アルミ8.5mm
バッテリー:LiFe2200

フロント
車高:5.6mm
リバウンド:2.5mm
ダンパー:スーパーショートビッグボア
スプリング:大径ショート緑
オイル:#200
ピストン:4穴
ダンパステー:カーボン
 取り付け:外から1番目
ロアアーム:08アーム標準 ダンパ取り付け:標準
サスマウント:前1A.ブッシュ左右0/下2
              +スペーサ0.0mm
        後1A.ブッシュ左右0/下2
              +スペーサ0.0mm
       スキッド:0度
サスマウントシャフトスペーサ:前2.3mm、後0mm
スタビ:ソフト(赤)
キャスター:?
アップライト:420用 スペーサ:上2.0mm、下0.0mm

ステアリング:外側スペーサ1mm
       内側スペーサ0mm
アッパーアーム:TA08標準
        内側 スペーサ前0mm
               後0mm
        外側 アップライト参照
キャンバー:2.0度
トー:気持ちトーアウト
デフ:ボールデフ、取り付け:上側
   →スプール、取り付け:上側
ユニバ:ダブルカルダン

リア
車高:5.6mm
リバウンド:4.5mm
ダンパー:スーパーショートビッグボア
スプリング:大径ショート緑
オイル:#200
ピストン:4穴
ダンパステー:カーボン
 取り付け:外から2番目
ロアアーム:TA08用 ダンパ取り付け:標準
サスマウント:前 ブッシュ内2/下2
       後 A_ブッシュ内1+下2
         ※ロアアームのトー角:2.0度
          リアスキッド:0度
サスマウントシャフトスペーサ:前0.1mm、後0.5mm
スタビ:スーパーソフト
アップライト:420用 スペーサ上2mm、下0.0mm
アッパーアーム:TA08標準
        内側 スペーサ前0mm、
               後0mm
        外側 アップライト参照
           180度回転(キャスター角付加)
キャンバー:2.0度
デフ:ギアデフ#3000、取り付け:上側
アクティブトー:1.5度(静止)/2.0(フルボトム)
        →2.0度(静止)/2.5(フルボトム)
     ターンバックル間長さ:??mm→17.0mm
       
=============================================